前へ
次へ

手ぬぐいを使ったスキンケア

洗顔は泡を立てて優しく行う、というのは良く言われることですが、それだとスッキリ洗えないことがあります。そのため何度も洗顔をして角質を落としていたこともあります。手ぬぐいのスキンケアを行うようになって、一度でスッキリ洗えるようになりました。手ぬぐいのスキンケアとは、日本人が昔から行なっているものです。洗顔料や石鹸を手ぬぐいにつけて泡立て、生地でそっと肌を拭う方法です。木綿の繊維が優しく角質や汚れをからめとるので、一度でスッキリします。コツとしては中心から外側へ、上へと拭うことです。特に鼻の脇は汚れがたまるので、指で手ぬぐいを当てるようにして優しく拭います。このときゴシゴシするのではなく、あくまでも優しく拭き取るように行いましょう。洗ってもざらつきが残って困るという人には特におすすめです。洗顔後は普通に化粧水などでケアをします。まずは一度やってみて、肌の調子を見ながら週に何度か取り入れてみましょう。

Page Top